変わらない本物の味 阿部幸製菓のこだわり 阿部幸製菓の挑戦 より多くのお客様に阿部幸製菓の商品を召し上がっていただきたい。「美味しいものをより安く」その一心で生まれる様々な商品 素材を見直すことで、歯が悪い人でも食べられるソフトな食感に。お求めやすく多くのお客様から支持されています。 素材の味を逃さない、旨みを最大限に活かす製造工程 もち米の旨みと唐辛子の辛み素材の持つ特徴を引き出し、商品の味へと活かす製造方法阿部幸製菓が辿りついた米菓子の作り方を引き出す柿の種づくり 米菓子ができるまで もち米を蒸しお餅にした後、練りながらかまぼこ型に成形し、冷蔵庫で冷やします。冷えた生地を切断し焼きます。焼きあがった生地を回転させながら調味料を入れて撹拌。 生地を乾燥させながらくっつかないようにかき回し、選別ラインへ。金属検知器、色彩選別機で選別後、人の目で確認します。最後に商品を包装して完成です。※柿の種は焼き、あられは揚げを行うため、一部製造工程が異なります。 こうしてお客様のもとに素材の旨みが詰まった「柿の種」をお届けしています。 その品質と美味しさに世界も納得 柿の種・大柿モンドセレクション金賞受賞 商品づくりへの思い ひとりひとりがプロ意識を持って仕事をすれば会社全体が良くなります。自分はこの仕事のプロだということを忘れずに仕事をしていくよう、部員と自分自身も日々心がけています。また新潟は夏は暑く冬は寒さが厳しい土地です。ちょっとしたことで風邪を引いたり夏バテをしたりしがちですが、体調管理は常に注意し、対策をしっかりと取るようにしています。 食べることが大好きで、おいしいあられを目指し日々探究しています。試食でついつい食べ過ぎてしまうこともしばしば。女性、ママの目線を活かした商品企画、またお客様の要望に+αで提案できるように心掛けています。まだまだ勉強中ですが、よりよい商品作りのためにこれからも邁進していきます!